• 商品情報
  • 適応検索/品番一覧
  • よくある質問
  • お問い合わせ
NTKラジエターキャップは車の大切な部品です

NTKラジエターキャップは主圧弁(加圧弁)と負圧弁の働きにより、ラジエター内の圧力を適正に保ちます。

高温になり圧力が高くなり過ぎると、キャップ内の主圧弁が作動し圧力を調整。

また温度が下がり低圧になると、負圧弁が作動してラジエター内の圧力を適正に保ちます。

※ラジエターは、エンジン性能を十分発揮させるため、エンジンから発生する熱を冷却水で最適な状態にコントロールする機能を持っています。

エンジン始動時
高温時(主圧弁作動)
低温時(負圧弁作動)

冷却効果を高め、
オーバーヒートを防止

NTKラジエターキャップはラジエター内部を高圧にし、冷却水の沸点を上昇させることで、エンジンのオーバーヒートを防ぎます。

 
冷却水沸騰温度 ラジエター内部圧力 グラフ

水を例にとると、開弁圧力88kPaの場合、沸点がおよそ120℃となり、通常よりも20℃沸点が上昇します。