• 商品情報
  • 適応検索/品番一覧
  • よくある質問
  • お問い合わせ

NTKラジエターキャップと他社製品との形状の違い

NTKラジエターキャップのP559とP561は、負圧弁が他社のものと形状が異なっています。
形状は、設計的な構造の違いであり、安心してご使用頂けます。
また、NTK製はステンレス材を採用しており、サビ・耐久性に優れています。

負圧弁未作動状態 負圧弁作動状態
NTK製 負圧弁(材質:金属) 主圧弁(材質:EPDM) 負圧弁が開いた状態 負圧弁を内部のスプリングで引っ張っており、負圧になると弁が開く構造となっています。
他社製 負圧弁 主圧弁 負圧弁が開いた状態
注意 交換時のご注意
  • 交換の際は事故防止のため、手袋などを装着してください。冷却水には圧力がかかっていますので、蒸気や熱湯が吹き出し火傷をすることがあります。エンジンが十分に冷え、水温が下がるまでラジエターキャップを外さないでください。
  • 古いラジエターキャップを外した後、取り付け面に異物が付着している場合は、きれいに拭き取ってから新しいラジエターキャップを取り付けてください。
  • ラジエター本体の取り付け口に、ラジエターキャップのツメが最後まで確実に取り付けられているか必ず確認してください。
  • 標準タイプが適応の車種にスポーツラジエターキャップ使用時は、冷却系統の圧力が高くなりますので、各部の水洩れなどを確認の上、ご使用ください。