• TOP
  • 交換時期、誤解していませんか?

交換時期、誤解していませんか?

新車組付の白金プラグやイリジウムプラグの
全てが長寿命というわけではありません!

実は、一般プラグと同じ2万kmごとに(軽自動車は1万km、二輪車は5千km)交換をお奨めしたい白金・イリジウムプラグがあるのです。
新車組付の白金やイリジウムプラグなどの貴金属プラグには、次の二種類があります。

交換時期1
形状で見分ける

貴金属プラグ[イリジウムIXプラグ相当]

中心電極のみ白金やイリジウム合金を採用した高性能プラグ

交換時期2

貴金属プラグ[イリジウムMAXプラグ相当]

両貴金属タイプは、外側電極の放電部分に白金合金を採用しており、外側電極の消耗が少ないプラグ

交換時期3
品番で見分ける

FR5BP-11やKR7AIなど、品番の後ろに「P」や「I」が付くプラグは、外側電極に貴金属を採用していない片白金・片イリジウムタイプで、交換目安はおよそ2万km(軽自動車は1万km、二輪車は5千km)です。また、品番の最初に「P」や「I」が付くプラグは、中心電極と外側電極に貴金属を採用した両貴金属タイプ(長寿命)です。

片白金・片イリジウムタイプ

品番例FR5BP-11 KR7AI

両貴金属タイプ(長寿命タイプ)

品番例PFR5G-11 IFR6A11

P」は中心電極が白金、「I」は中心電極がイリジウムを意味します。(一部例外品番あり)

片白金や片イリジウムプラグの長期間使用による消耗例

白金プラグ

交換時期5

イリジウムプラグ

交換時期6
交換時期7

スパークプラグはエンジンを動かす
大切な部品です。
正しい知識で定期的な
点検・交換をおすすめします。

整備業関連の方へ