プラグの基礎知識Q&A

Qプラグの熱価とは、どのようなことですか?

Aプラグは燃焼ガスから受けた熱を
逃す必要があり、
この熱を逃す度合いを
「熱価」といいます。
熱価は数字で表されます。

熱価とプラグの熱の逃げ方

  • 燃焼ガスにさらされる面積が大きい
    →熱を受けやすい
  • 発火部から放熱部(パッキン)までの距離が長い
    →熱を逃がしにくい

発火部が焼けやすい

  • 燃焼ガスにさらされる面積が小さい
    →熱を受けにくい
  • 発火部から放熱部(パッキン)までの距離が短い
    →熱を逃がしやすい

発火部が焼けにくい

MEMO

エンジンに合った熱価のプラグを使うことが大切です。熱価が合わないと、こんなことが…。

熱価が低すぎる(→焼け型)

プラグ温度が上がりすぎ、異常燃焼(プレイグニッション)を誘発し、プラグの電極溶解、さらにはピストンの焼き付き等を招く原因となります。

熱価が高すぎる(→冷え型)

プラグ温度が低くなりすぎ、発火部にカーボンがたまって電気が逃げ、火花が飛ばなくなります。

プラグの基礎知識 最適なスーパープラグの選び方(スーパープラグインラインアップ) 注意事項
整備業関連の方へ