プラグの基礎知識Q&A

Qプラグがくすぶるとどうなりますか?

Aプラグ発火部に付着したカーボンにより、
電気が逃げるようになり、失火を起こします。

イグニッションコイルで発生した高電圧が、カーボンを伝って逃げるようになると、失火を招き、始動不良などの不具合を起こします。

くすぶり汚損状態

プラグ発火部にカーボンが付着すると、絶縁抵抗値が低下し、プラグのギャップ間に加わる電圧が低下します。
その電圧がプラグの要求電圧(火花ギャップ間でスパークする電圧)より低くなると、スパークできなくなり失火を起こします。

絶縁抵抗値とイグニッションコイルの発生電圧の関係

くすぶりの原因と対処
原 因 対 処
空燃比(A/F)が濃すぎる

・キャブレター調整不良
・チョーク系統不良
・燃料噴射装置の不良
・センサ類の不調など

キャブレター、燃料噴射装置、センサ類の点検整備が必要
電気系統不良

・プラグコードの亀裂、断線など

電気系統の点検整備が必要
運転条件不適

・長時間のアイドリング
・連続低速運転など

時々、高速(80km/h以上)で連続走行する
プラグの基礎知識 最適なスーパープラグの選び方(スーパープラグインラインアップ) 注意事項
整備業関連の方へ